人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。
その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査をうけられないといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないで下さい。磁気を当てて画像を創るのがMRIなので、金属があれば、そこは乱れて映ります。しかし、インプラントは主にチタンが使われているため磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。インプラントの定着には長い時間がかかりますが、それが終わっても、ケアはそこでオワリではありません。

治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導して貰えるので、その通りのケアを心がけて下さい。
自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施す訳ですから、異常に気付くのも遅くなります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診をうけるようにして下さい。

インプラントの手術してからしばらくの間、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。
じつは他の問題が隠れてい立ということもありますから、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療をうけることに努めましょう。

インプラントの特性として、噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だから歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど頑丈です。どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。